>
ゴマフカミキリ(胡麻斑髪切)
2014/07/09(Wed)
   きょうは、雨が降ったり止んだりでした(20.1~24.4℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西南西風)。
   擬木に、ゴマフカミキリ(カミキリムシ科)がいました。何故こんな所に、と思いつつ眺めていると、擬皮の部分が、体とそっくりのおんなじ色模様でした。何故か、触覚が短くなっていました。朝鮮、中国東北、シベリア、サハリン、クリル等に分布し、日本では北海道〜九州の山地〜低地の林内等に生息する、体長10-15mmのカミキリムシです。成虫は5-10月に出現し、体色は黒い地全体に黄褐色の斑点が散らばリ、それが名の由来にもなっています。雄は雌の2/3程の大きさで、長い触角があります。各種伐採木や立枯木、薪材、フジの枯蔓等様々な木々に見られ、寄主植物も各種広葉樹から針葉樹まで広範に亘ります。別名は、ニホンゴマフカミキリ他・・・
ゴマフカミキリ 森の入口
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スジクワガタ(筋鍬形) | メイン | オカトラノオ(丘虎の尾) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2792-acf07afa

| メイン |
ゆきかえる