FC2ブログ
>
ビロウドカミキリ(天鵞絨髪切・ビロード髪切)
2014/07/17(Thu)
    きょうは、曇り時々雨でした(19.5~25.2℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北西風)。
   沢筋の地面を、ビロウドカミキリ(カミキリムシ科)が歩いていました。始め、保護色で良く分かりませんでしたが、身を翻した瞬間、きらりと天鵞絨の煌きがありました。北海道~九州の他、中国東北、クリル等の山地~低地の森等に生息する、体長12-25mmのカミキリムシです。成虫は5-8月に出現し、日没後に活動を始め、各種広葉樹の枯木等を食べ、燈火にも集まります。体は暗赤褐色で、名の通り、全体に淡黄褐色のビロード状微毛が生え、弱い斑模様に見えます。前翅先端部の微毛は白っぽく、触角と脚は赤褐色で、胸部は横に尖っています。幼虫は、アカマツ、クロマツ、サワグルミ、オニグルミ、ハンノキ、ミズナラ、コナラ、ヤマザクラ、ネムノキ、ニガキ、ユズリハ、アカメガシワ、ミズキ、エゴノキ、ニワトコ、カワヤナギ、カラマツ等の枯木や倒木の中に住み、材を食べて大きくなります・・・
ビロウドカミキリ 清い沢
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマユリ(山百合) | メイン | クズ(葛)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2800-0b944110

| メイン |
ゆきかえる