>
ヤブデマリ(藪手毬)の実
2014/07/24(Thu)
 きょうは晴れて、とても暑くなりました(23.6~32.1℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μ㏜/h屋内21:00、南東風)。
   道沿いのヤブデマリ(スイカズラ科)に、実が生っていました。疎らではありましたが、柘榴を思わせる粒が、熱い日射しに赤熱していました。本州~九州の他、朝鮮南部、中国、台湾等の、山野の林縁、谷沿い等に生育する、樹高3-4mの落葉小高木です。葉は対生し、10cm程の長楕円形で、葉先は尖り全縁。5-6月、やや黄色を帯びた小さな両性花が集まる花序の周囲に、白く大きな5枚花弁の装飾花が縁取ります。装飾花は無性花で、5枚の中の1枚が極端に小さいのが、ムシカリ等近似種との相違点です。夏に赤い実を付け、秋には黒紫色に熟します。名青葉山では、林縁等に普通に見られます・・・
ヤブデマリ 観音が見えた
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アオカナブン(青金蚊) | メイン | カクミノスノキ(角実の酢の木) の実 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2807-cd83aec8

| メイン |
ゆきかえる