FC2ブログ
>
八月観察会
2014/08/10(Sun)
  きょうは第2日曜の観(視)察会の日。と言っても、2・8月は「会」としてはお休みなので、今回も有志で歩きしました(雨/20.0~24.7℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。西日本を北上中の台風の影響下、降り続く雨中の「記録会(2・8月は記録と確認が主)」です。真夏と言っても、雨の所為もあって涼しく、バス停の周りのツクシハギも早、咲き始めていました。睡蓮の咲く池端には、真赤なショウジョウトンボがじっと雨に耐え、濡れて香り立つクサギや道々続くコバギボウシがとても涼しげです。森の中は薄暗く、オリミキ(ナラタケモドキ)やニガイグチ、シロオニタケ等が目立ちます。小降りになると、エゾゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミ等の蝉時雨が聞かれ、樹液の木には、カナブンやコクワガタ等が見られました・・・
水蓮(ダーウィン) ショウリョウトンボ 雨滴 クサギ
 花は他に、ホタルブクロ、ヤマジノホトトギス、ヤブラン、ママコノシリヌグイ、ヤブガラシ、カノツメソウ、セリ、ヒヨドリバナ、ヤブハギ、ヤマノイモ、ハエドクソウ、オトコエシ、ダキバヒメアザミ、ヒメキンミズヒキ、キンミズヒキ、ダイコンソウ、オオハンゴンソウ、キツネノボタン、ガンクビソウ、ヤブマオ、クズ、アメリカホドイモ、シロツメクサ、ムラサキツメクサ、ヘクソカズラ、ツユクサ等が咲いていました。果実ではカクミノスノキ、ツノハシバミ、シラキ、オニノヤガラ、サルナシ、ツクバネ、サンゴジュ、キブシ等が見られました。昆虫では、藪から飛び立つヒカゲチョウの仲間、バス停にいたオオミズアオや種々のクモ類等、キノコでは他に、ヒノキオチバタケ、ナスコンイッポンシメジ、ホコリタケ、ドクベニタケ等、動物では、遠くの藪に消えたカモシカ、道に飛び出すヤマアカガエル、大きなヤマナメクジ等に出会いました。鳥では、時折鳴いたウグイス、ヒヨドリ等の他、上空をウミネコが飛んでいましたよ。雨は雨なりの、新鮮なひと時でした・・・
ヤマジノホトトギス 雲が湧く山 ナラタケモドキ コバギボウシ
  来月(9/13)は、キノコ中心の観察会になりますが、勿論、自然全般を観察しましょう!では又、よろしく・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<テン(貂) | メイン | クサギ(臭木) の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2824-62d7cb74

| メイン |
ゆきかえる