FC2ブログ
>
ヒメシノブゴケ(姫忍苔)?
2008/02/28(Thu)
 昨晩降っていた雪が今朝までに5cm程積りましたが、日中は良く晴れて暖かくなりました(-2.1~6.9℃)。
  沢沿いに、ヒメシノブゴケ(シノブゴケ科)と思われる苔が沢山生えていました。雪に囲まれながらも、暖かな陽を浴びて葉が光る様は、新緑の小さな森の様でした。渓流の縁の岩上腐植土等に群落を作るコケ植物(蘚苔類)で、全国に分布します。シノブゴケの仲間は皆良く似ていますが、茎葉の先端が透明尖となるのが特徴です。名は、シダ植物の「シノブ」に似ている(シノブゴケより少し小さい)事に因る様です・・・
沢の瀬はキラキラ輝いて、正に「光の春」でしたよ…
姫忍苔 光の春

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<セリバオウレン(芹葉黄蓮/連)が咲きだしました! | メイン | イヌブナ(犬椈、犬山毛欅、犬橅)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/283-66a77ceb

| メイン |
ゆきかえる