>
ウスヒラタケ(薄平茸)
2014/08/20(Wed)
  きょうは晴れて、記録的な猛暑になりました(23.9~35.4℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南西風)。
  小楢の枯木に、ウスヒラタケ(ヒラタケ科)が生えていました。焼け付く日射しの陰にひっそりと、乳白の傘がとても涼しげでした。春~秋に全国の山野の、主に各種広葉樹の枯木、切株、倒木等に発生します。径2-8㎝の傘は饅頭~半円形。表面は淡灰褐~淡黄色で湿時は弱い粘性があります。襞は柄に垂生し、白くやや密で、柄は短く(0.5-1.5㎝)、傘の一方に偏って付きます。ヒラタケに似ていますが、名の通りに肉が薄く、白っぽいのが特徴です。食用となり、味は癖がなくて、香りも歯切れも良いので好まれます。図鑑等では「広葉樹に発生」とされますが、青葉山では、アカマツやモミ等の針葉樹にも普通に見られます・・・
ウスヒラタケ 暑いです2
スポンサーサイト
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツツゾウムシ(筒象虫) | メイン | スミナガシ(墨流し)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2834-8c80e2bd

| メイン |
ゆきかえる