FC2ブログ
>
コアシナガバチ(小脚長蜂)の巣作り
2014/09/01(Mon)
    きょうは、曇り時々晴れました(19.0~24.4℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、東南東風)。
    山のガードレールで、コアシナガバチ(スズメバチ科)が巣作りをしていました。怖くて近寄れませんでしたが、(裏に)沢山張り付いていて、口をもぐもぐさせながら、何かをくっ付けていました。中国、朝鮮等に分布し、日本では全国の山地〜平地、人家の近くにも生息するアシナガバチの仲間です。成虫は4-11月に出現し、体長11-17㎜程で、全体が黒く赤褐色と黄色の斑紋があります。名の通り小型のアシナガバチですが、攻撃性はやや強く、良く似たキボシアシナガバチとは腹部第3、4節に黄紋がある事、繭蓋が白い(キボシは黄)事で区別できす。日当たりの良い岩場や樹木の細枝、人家の軒下等に営巣し、巣が柄から一方向に伸長し、上向きに反るのも特徴です。幼虫の餌は主に鱗翅類の幼虫で、捕えた場所で肉団子を作って巣に持ち帰ります・・・
コアシナガバチ 晩方の青空
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ハイカグラテングタケ(灰神楽天狗茸) | メイン | ハンミョウ(班猫)の寄合 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2847-0af155af

| メイン |
ゆきかえる