>
十月観(視)察会
2014/10/12(Sun)
  きょうは、快晴の青空の下、気持ちの良い観(視)察会になりました(10.4~19.1℃//0.16μSⅴ/h八幡1屋外高さ1m・0.10μSⅴ/h屋内21:00、南東風)。ご挨拶、地滑り対策工事に関する報告、キノコの発生状況等のお話の後、早速出発です。ノコンギクやガガイモ、オオハンゴンソウやヤブマメ等を観つつ、アキノウナギツカミやキツリフネの群落を楽しみます。今年も、虫瘤ツリフネソウハオレタマゴフシが沢山付いていました。森に入ると、シラキが大分色付き、クサギやミヤマガマズミ、イタドリ等の実が目立ちます。林縁の花では、アキノキリンソウ、シラヤマギク、イヌタデ、ハナタデ、ミズヒキ、コメナモミ、ナンブアザミ等が目立ち、湿地ではミゾソバ、林内では、シロヨメナ、オヤリハグマ、オクモミジハグマ、ダキバヒメアザミ、センダイトウヒレン、そして青が輝くリンドウが可憐に咲いていましたね。肝心のキノコは、好天続きの所為か少なめでしたが、それでも、ヌメリイグチ、チシオタケ、シハイタケ、ツチグリ、オオキツネタケ、イボタケ、ホコリタケ、クリタケ、ハタケシメジ、カレエダタケ、コテングタケモドキ、フウセンタケモドキ?(所謂ゴンドカブリの仲間)、スギヒラタケ、オチバタケ、ドクベニタケ、モミジタケ、フサヒメホウキタケ等の他、朽木にあったコメツキムシタケと思われる冬虫夏草が見られました(他山で採られた見事なアケボノサクラシメジも見せて頂きました)・・・
揺れる木洩れ日 ウラギンシジミ センダイトウヒレンの道 ダルマさん、木登りした♪
  他に花では、ノダケ、ヨモギ、チヂミザサ、ゲンノショウコ、ツユクサ、イヌガラシ、ガンクビソウ、セイヨウタンポポ、オヤマボクチ等が見られました。果実では他に、ウメモドキ、ツリバナ、オトコヨウゾメ、ツルリンドウ、マムシグサ、カラハナソウ、ムラサキシキブ、チゴユリ、ナツハゼ、ヒメヤブラン、ツルアリドオシ、マンサク等が目立ち、ヤマノイモのむかごも沢山生っていました。動物では、大きなシマヘビがするすると去った後に長ーい抜け殻が残っていましたね。昆虫では、ウラギンシジミ、キタキチョウ、ミカドフキバッタ、アキアカネ等の赤蜻蛉、セスジツユムシ等に出会いました。野鳥では、カケスが良く鳴き、ウグイスの地鳴きが聞こえ、他にアオゲラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ハシブトガラス等を確認しました。紅葉では、ヤマウルシの他、シラキの微妙な色合いが目に染みました。放射能汚染により、最近も青葉区産のコウタケやサクラシメジが販売停止になり、益々キノコ好きには艱難辛苦の時代になっていますが、そんな中でも、きょうも新たな発見・喜びがあったのではないでしょうか・・・
少ないながら、色んなきのこが集まりました! リンドウ 楽しかったね(^^♪ ミヤマガマズミの実
 来月11/10(日)の会は、美しい紅葉を愛でながら、所々に残る野菊や木の実、野鳥達等を観察しましょう!では又、お楽しみに・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ホタルイ(蛍藺) | メイン | リンドウ(竜胆) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2889-964fbaa1

| メイン |
ゆきかえる