>
シラキ(白木)の紅葉
2014/10/15(Wed)
   きょうは、ほぼ晴れました(10.7~19.4℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北風)。
   伐採地脇のシラキ(トウダイグサ科)が、紅葉していました。森影のものはまだ緑ですが、ここでは日光を一杯浴びて、目も覚める様に赤く燃えていました。本州~沖縄の他、朝鮮、中国等の谷筋等に生育する、高さ5-10mの落葉小高木です。樹皮は滑らかな灰白色で材も白く、樹皮や葉を傷付けると白い液が出ます。葉は互生で長さ7-15cmの広楕円~菱形の両面無毛で、裏面は緑白色で縁が不規則にうねり、先は尾状に尖ります。5-7月、枝先に総状花序を出し、下部に1-2、3個の雌花、上部に多数の雄花を咲かせます。10-11月、径2㎝程で3裂する三角扁球形の朔果を黒褐色に熟します。青葉山では、林内や林縁に普通に見られます・・・
シラキ 紅一点
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マムシグサ (蝮草)の果実 | メイン | サワヒヨドリ(沢鵯)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2892-9d5cc977

| メイン |
ゆきかえる