>
地滑り対策工事用仮設階段
2014/10/22(Wed)
 きょうは、地滑り対策工事用に設置される仮設階段について、昼休みを利用した、業者の方との現地立ち合いがありました。大震災で落下したままの階段の撤去と新設なのですが、当会が先日実施した動植物調査でも多くの希少種が確認されたことから、その報告と共に、コースの設定等協議し、「工事の際は十分な配慮を!」と再度要望しました。資材の運搬は始まっていますが、本工事開始時等今後も連絡を取り合いつつ、当地を常に見守っていく事としました。
きょうは、業者の方々による現地説明会がありました。この崖地では15年程前に、県、業者、学識者と当会による幾度もの会議の末に、地滑り対策工事が行われ多くの水抜き井戸が作られましたが、その一部の機能改善の為の工事との事。その為、下部の既成作業道を使用し、木々の伐採はほぼないとの事で安心しましたが、作業員を速やかに移動させる為に、大震災で落下したままの階段を修復したいとの事でした。崩壊したままではあっても、「当該地は希少種の生育地であり、十分配慮の上の工事を」と要望し、工事開始前に当会でも植物調査をし報告する事としました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クマノミズキ(熊野水木)の果実 | メイン | ヤマウルシ(山漆)の紅葉 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2901-40e310a0

| メイン |
ゆきかえる