>
ケカマツカ(毛鎌柄)の紅葉
2014/11/18(Tue)
  きょうは、晴れたり曇ったりでした(4.6~11.3℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00 PKC107、西北西風)。
  道端のケカマツカ (バラ科)が、紅葉していました。ツルマサキの濃緑を背景に、真紅に染まった葉が一際浮き立っていました。本州~九州の他、朝鮮、中国等の山地の日当たりの良い林縁等に生育する、樹高5-7mの落葉小高木です。樹皮は暗褐色。葉は長枝で互生、短枝で輪生状に付き、葉身は長さ4-7cmの広倒卵~狭倒卵形。洋紙質で、細かい鋭鋸歯があり、葉柄は4-5mm。4-5月、短枝先の複散房花序に径約1cmの白花を10-20個付けます。10-11月、長さ8-10mmの倒卵〜楕円形の果実を赤熟します。葉の表面等にやや疎らに軟毛があり、母種のワタゲカマツカ(裏面に綿毛が密生)とカマツカ(無毛)の中間型と言われています。青葉山では、各所に普通に見られます・・・
ケカマツカ 緑葉、紅葉、落葉の帯
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<エノキタケ(榎茸) | メイン | オニイタヤ(鬼板屋)の黄葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2928-265ef220

| メイン |
ゆきかえる