>
エナガ(柄長)
2014/12/11(Thu)
   きょうは大体曇りで、晩方に晴れました(3.0~14.2℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、南南西風)。
   エナガ(エナガ科)が、いました。十数羽の群れが、松から榛木、楓と飛び移り、ジュリリリ、ジュリリと鳴き交わしながら、何かを楽しそうに食べていました。ヨーロッパ~中央アジア~日本に広く分布し、主に明るい森に生息する留鳥又は漂鳥です。体長は14cm程ですが、名の通り、尾の長さが体の半分以上もあります。雌雄同色で、成鳥の頭や頬~胸等は白く、肩羽や腹、下尾筒は淡い葡萄色で、眉斑~肩、雨覆等が黒く彩られます。主に小昆虫、クモ、油虫等を捕食しますが、草木の種子、果実、樹液、菌類等も食べます。青葉山では、一年中極普通に見られます・・・
エナガとヤマモミジ 大橋から見た青葉山夕空
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロダモ(白梻)の果実 | メイン | ホオズキ(酸漿)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2952-37529c96

| メイン |
ゆきかえる