FC2ブログ
>
アオキ(青木)の実
2008/03/10(Mon)
きょうは晴れ後曇って、一時雨がぱらつきました(3.1~10.3℃)。
 何処も彼処も青々としていたアオキ(ミズキ科)の実が、ほんのり赤くなっていました。近付いて見ると、リンゴやマンゴーの様な美味しそうな果物にも見えました。北海道南部~沖縄の森に分布する常緑低木。日陰にも良く育つので、庭等に植えられ、外国でも栽培されています。普通、実は冬に赤くなりますが、青葉山では春まで掛るものが多い様ですね。名は、茎葉が一年中青々している事に因ります。雌雄異株ですから、勿論これは雌株。春には、雌雄共に紫褐色の花を咲かせ、赤い実と共に私達を楽しませてくれます・・・
アオキ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒメオドリコソウ(姫踊子草) | メイン | 『オオタカの営巣地で計画されている地下鉄東西線「青葉山地区工事」についての質問状』とその「回答」についての意見交換会>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/299-d9e92cfb

| メイン |
ゆきかえる