>
ヤツデ(八手)の果実
2015/01/18(Sun)
   きょうは、昨夜の雪が数㎝積もっていましたが、日中は晴れて時折風花が舞いました(-3.4~4.2℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西北西風)。
  林縁のヤツデ(ウコギ科)に、実が生っていました。未熟の、青いものや赤っぽいものが雪を被って、えそべか粔籹の様に美味しそうでした。本州(東北南部)~沖縄の主に太平洋側海岸近くの森周辺や林内に生育する、高さ2-4mの常緑低木です。枝分かれは少なく、葉は互生して茎先に集中し、葉身は掌状円形で7-9裂し、15-45cmの葉柄を持ちます。裂片には鋸歯があり、鋭尖頭で質厚く光沢があります。10-11月、茎頂に花序を出し、球形の散形花序を円錐状に多数付けます。花には、雄性期と雌性期があり、初めは花弁と雄蘂がありますが、それが落ちると、柱頭が伸びて雌性期になります。翌年の4-5月に、球形の果実を黒く熟します。青葉山では、年々林内外に増加していて(カモシカによる食痕も多い)、これは野鳥による播種や温暖化等の影響と思われます・・・
ヤツデ 雪の土手
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シメ(鴲・蝋嘴) | メイン | オオダイサギ(大大鷺) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2992-93314dfd

| メイン |
ゆきかえる