FC2ブログ
>
キセキレイ(黄鶺鴒)
2015/01/23(Fri)
  きょうは曇り時々晴れて、時折雪が舞いました(1.8~8.3℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西北西風)。
   川に、キセキレイ(セキレイ科)がいました。岸辺で、一羽が静かに餌を探していましたが、もう一羽が飛んで来ると、雌雄らしく、お互いに縺れ合いながら、何時までもチチンチチンと鳴き合っていました。広くユーラシア~アフリカに分布し、日本では九州以北の高山~平地の、主に綺麗な渓流や沢、川等の水辺に生息する、体長 約20cmの留鳥又は漂鳥です。繁殖期は4-8月で、雄は美しく囀り、一夫一妻で子育てをします。冬は単独で過し、市街地の水辺でも観察されます。食性は動物食で、昆虫類、クモ類等を食べます。青葉山では、留鳥(又は漂鳥)で一年中出会えますが、減少しつつあります・・・
キセキレイ 大橋の袂から
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クマノミズキ(熊野水木)の冬芽 | メイン | ウスタビガ(薄足袋蛾・薄手火蛾)の繭 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/2997-7e0ac99a

| メイン |
ゆきかえる