FC2ブログ
>
ツクシ(土筆)
2008/03/18(Tue)
 きょうも、雲一つない青空が広がりました。
 河原の土手に、ツクシ(スギナの胞子茎/トクサ科)が生えていました。まだ小さいものばかりで、数も多くはありません。ツクシは胞子を出す部分で、春が終わると何時の間にか、地下茎で繫がるスギナ本体(栄養茎)ばかりになってしまいます。名は、澪標(みおつくし=船が港へ入る標となる杭)の「つくし」から来た者で、突き立った杭の様に見えるからとも、「突く突くし(突き伸びる)」が由来とも、スギナにくっ付いているから「付く子」、土を突いて地表に出てくるから「突く子」、節のところで切り離しても継ぐ事ができるから「継く子」だとか、色々な説 がある様です。又スギナの名は、姿が杉に似ている事に因りますが、これも節が多い事から(節を外して継ぎ目を当てる遊びもある)「継ぎ菜」となり、それが転じたとも言われている様です。最近、花粉症に効くとの話を良く聞きますが、如何なんでしょうね・・・
土筆
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブツバキ(藪椿) | メイン | トウホクサンショウウオ(東北山椒魚)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/307-199adf92

| メイン |
ゆきかえる