FC2ブログ
>
ツグミ(鶫) とシロヤナギ(白柳)
2015/04/05(Sun)
  きょうは、一日雨降りでした(6.5~10.6℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北北西風)。
  河原のシロヤナギ(ヤナギ科)から、妙なる調べが聞えてきました。聞き慣れない声でしたので、囀りの主を目を凝らして探すと、ツグミ(ツグミ科)でした。白柳の花に囲まれて、雨の中でも夢心地そうで、嬉しくなりました。北東アジアに広く分布し、東シベリア~カムチャッカで繁殖、日本には秋~春に渡来して越冬。体長約20cm。雑食。青葉山では冬期、草原や林縁等に普通に見られます。白柳は、北海道~東北の河岸や湿生原野等に多く生育する、雌雄異株の高さ15-20m、胸高直径1m程になる落葉高木。葉はやや小形で互生し、長さ5-11㎝、先は尖り、細鋸歯があります。4-5月、雄花又は雌花からなる尾状花序を出し、5-6月には柳絮が雪の様に舞い飛びます。青葉山周辺では、広瀬川沿いに見られます・・・
ツグミとシロヤナギ シロヤナギの花
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チョウジザクラ(丁字桜) | メイン | アカタテハ(赤立翅)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3072-f51279ad

| メイン |
ゆきかえる