FC2ブログ
>
四月観(視)察会
2015/04/12(Sun)
  きょうは、昨日までの曇天、雨天から一転、雲一つない青空が広がり、素晴らしい観(視)察会日和になりました(3.9~13.3℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南風)。そんなことで、今回も大勢の参加者となり、挨拶の後に早速歩き始めると、車道沿いにはツクシやバッケが林立し、オオイヌノフグリやヒメオドリコソウ、ハコベ、ミチタネツケバナ、カキドオシ等、道端の花々が咲き群れ、清々しいワサビの花も咲いていました。アカシデやケヤマハンノキの雄花が揺れる彼方には、面白山や船形連峰の白銀の山々が眼に沁みます。木々では、マンサクは終わりかけていたものの、ハウチワカエデの簪の様な赤い花が目立ち、真白いコブシが樹幹一杯に咲き乱れ、ミツバアケビやヤマネコヤナギ、オオバクロモジ、キブシ、ミヤマウグイスカグラ、アオキ等も咲いていました。きょうのチラシで紹介のチョウジザクラも、街の花見会場とは正反対の、奥床しい姿をあちこちで見せてくれました。林床では、セリバオウレンは旬を過ぎていましたが、あちこちに報春の郎女シュンランが咲き誇り、燃える花火の様なショウジョウバカマ、ナガハシスミレやマキノスミレ等の菫達が咲き群れていました。そして、盛期は過ぎていましたが、それでも篝火の様なカタクリはあちこちで赤紫の絨毯を作っていました。
輝くシュンラン 道端に、お宝発見! トウホクサンショウウオの卵があちこちに カタクリの道
 他に花では、センボンヤリ、ツノハシバミ、セイヨウタンポポ、アオスゲ、ヒメカンスゲ、ヒカゲスゲ、オクノカンスゲ、タチツボスミレ、ウスバサイシン、モミジイチゴ、ニガイチゴ、ナツトウダイ、ムラサキケマン、エンレイソウ、ノボロギク等を観察しました。沢には、トウホクサンショウウオの卵嚢(胚が大きくなったものも!)が見られ、別所の水溜りではヤマアカガエルの卵も見られました。昆虫では、カタクリにキチョウやビロードツリアブ等の花虻、花蜂が盛んに飛び、ルリシジミやアカタテハ、ベニヒラタムシ、クモでは小さく赤いキヒメグモ等も見られました。野鳥では、ウグイスやメジロが良く囀り、ヒヨドリ、セグロセキレイ、シジュウカラ、カワラヒワ、トビ、ハシブトガラス、ガビチョウ等の囀りや姿が確認されました。一旦解散後は、もぞこ過ぎるヒメフタバランやめんこ過ぎるイワウチワに、感動すること頻りでした。
 しかし、こんな喜びの春を台無しにする、悲しい状況にも出会いました。カタクリの野の先に道が作られ、残されたカタクリやセリバオウレンも踏み付けられていました。管理棟の周辺では、オニグルミの大木や、毎年楽しみに観察していたクサギやミヤマウグイスカグラ等の多くの木々が伐採され、希少種が数多く自生していた藪もすっかり刈り取られていました。ありのままの自然が益々貴重になっている今、「管理」の名の下の「破壊」はとても理解し難く、折角護られてきたこの森の未来に、暗雲が漂う思いがしました。何とかしなければなりません…
打ち上げ花火(ショウジョウバカマ) 突然作られていた道・・・! とっても楽しい会でしたが・・・ 面白山遠望
 来月は、ルリソウ、ヒメシャガ、イカリソウ、ヤマツツジ等の花々や、渡来したばかりの夏鳥達の囀りが見所・聞き所となるでしょう? では又、5/10(日)にお会いしましょう!(尚、当日はハーフマラソンによる通行止め等の影響が考えられることから、集合時間に変更があるかもしれません。分り次第、こちらや葉書等でお知らせいたします) 

☆「青葉山の緑を守る会」の自然観(視)察会は、毎月第2日曜 午前10時30分宮教大正門前バス停集合(12時30分頃解散)。 どなたでも参加自由です   (二月・八月は、「会」としてはお休みします)
★仙台市に2008年末提出した『質問状』と市の「回答」、及び、それに対する「再質問状」とその「回答」、10/31に提出した「意見書」とその回答、12/8提出の「要望書」、大震災後に提出した「地下鉄東西線建設事業凍結と都市計画道路川内・旗立線事業廃止の申し入れ」と「都市計画道路川内・旗立線の必要性に関する意見書」を公開中です。 ご意見・ご感想等は引続き、下記宛ての葉書又は cheb@live.jp にお届け下さい。 仙台の、この上もない「宝」を守る為、今後も決して諦めずに頑張りましょう!〒980-0811青葉区一番町4-1-3仙台市市民活動サポートセンター内box72「青葉山の緑を守る会」 

★動植物の捕獲・盗掘は、「重」犯罪として、各法・条例で厳しく罰せられます。特に、青葉山市有林(青葉の森)や竜ノ口峡谷周辺は、「広瀬川の清流を守る条例」で「特別環境保全地区」に指定されています。監視員が常時パトロール、監視カメラも作動中です! 

青葉山のガイドブックが完成しました!
 青葉山に生息する、代表的な植物、きのこ、動物、野鳥、昆虫を356種取り上げましたが、そのうち55種がレッドリスト記載の希少種です。大規模開発が一時に始まった今、希少種達は、その存在さえ知られぬままに、消し去られようとしています。とにかく、多くの人にその存在を知って貰い、それが自然の大切さを知るきっかけになってほしいと思うのです。頒価は1000円。毎月の定例観(視)察会の他、丸善アエル店、金港堂本店、あゆみbooks仙台(広瀬通り)店と青葉通り店、仙台市市民活動サポートセンター等で販売していますが、お求めになりたい場合は、:  cheb@live.jp まで。
☆DVD第1巻「生命(いのち)あふれる青葉山・・「杜の都」の魅力再発見」(600円(10分)) とDVD第2巻「生命(いのち)あふれる青葉山・希少種たちの叫び」(800円(20分)) も引き続き販売中です。
 皆さん、是非ご覧になって(ならなくとも)「」を上げて下さい。 尚、DVD第1・2巻、ガイドブック共に、既に、仙台市内の全ての小中学校、図書館、市民センターに配布されています。
希少種たちの叫び 生命(いのち)あふれる青葉山~「杜の都」の魅力再発見 青葉山自然観察ガイドブック 巨大な自然破壊が進行している青葉山周辺
オオタカの営巣地を守ろう!!   
  環境ブログランキング ブログ王 
[広告] VPS

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<カワセミ(翡翠、魚狗、川蟬) | メイン | メグスリノキ(目薬木)の芽吹き >>
コメント
- 転勤族、戻ってみれば -
気になって、私も久しぶりに足を運びましたが、あれはひどい!
どう見ても、伐られたあの樹林は「イグネ」だ! これだけ郷土のイグネの貴重さが叫ばれているときに、津波でどれだけ無くなったか分らないというのに、守るべき立場の者が破壊するとは!悲しい限りだ。壊すなら管理センターの方を壊せばよかったのでは? 元々なかったのですからね!
2015/04/29 00:08  | URL | 生粋仙台人 #-[ 編集]
- ありがとうございました -
昨日は、大変お世話になりました。
きょうはまた雨になりそうで、本当に幸運の、最高の観察会でしたね。数え切れない沢山の花々を案内していただきましたが、私は中でも、とても可愛らしいイワウチワが気に入りました。自生地を守ることの大変さも良く分かりました。
それにしても、突然、乱暴な管理のありさまを突きつけられて、皆さん、楽しい気分が一度に凍り付いてしまって、悲しくて腹立たしくて、唖然とするばかりでしたね。管理センターって、ほんとうに必要なものなのでしょうか。私には、森や自然にとっては、なくなってくれた方が良いとように思います。
2015/04/13 13:31  | URL | 森の子 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3079-34bc8dad

| メイン |
ゆきかえる