FC2ブログ
>
トホシカメムシ(十星亀虫)
2015/04/21(Tue)
   きょうは、曇り後雨になりました(9.0~12.2℃//0.16μSv/h八幡1屋外高さ1m//0.10μSv/h屋内21:00、北北西風)。
   オニグルミの木に、トホシカメムシ(カメムシ科)がいました。地味ながら、どこかタガメを思わせる、大ぶりの体を雨に打たせて、何かにじっと耐えている様でした。北海道〜九州の山地の主に広葉樹林に生息する、体長16-23mmの大型のカメムシです。成虫は5-10月に出現し、全体が黄褐色で、前胸部の両端が前方に突出し、その前胸部に4つ、小楯板に6つの小黒紋があり、これが名の由来になっています。カエデ類、サクラ類、ニレ類、ミズキ等の樹上で見られます・・・
トホシカメムシ 青葉城址の山桜
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)の花 | メイン | ヤマザクラ(山桜)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3087-d2f45a28

| メイン |
ゆきかえる