FC2ブログ
>
ヤブツバキ(藪椿)
2008/03/19(Wed)
 きょうは、一日どんより曇っていました。
 笹薮の斜面にヤブツバキ(ツバキ科)が咲いていました。未だ淋しい今頃の森では、この一角だけが「晴れ」の日の様でした。只、何時もの事ですが、開き切っていないのに花弁が痛んでいるものが多く、可哀そうになってしまいます。花を待ち侘びていたヒヨドリやメジロがやって来ては、花蜜を吸ったり、花弁を突いたり齧ったりした所為なのですが、これも花粉の媒介の為には仕方のない事なのでしょう。東北以西の暖地に生育する常緑小高木で、照葉樹林帯の代表種でもあります。関東以北では、主に海岸沿いに自生しているのですが、別名の「山椿」通り、青葉山にもあちこちに自生しています。園芸ツバキの原種の一つで、多くの品種の元になっている様ですね・・・
藪椿
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コブシ(辛夷/拳)の芽 | メイン | ツクシ(土筆)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/309-ca7d9a25

| メイン |
ゆきかえる