>
ケヤキ(欅)の花
2015/04/28(Tue)
  きょうも、良く晴れました(13.0~26.9℃//0.15μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.09μSv/h屋内21:00、南東風)。
  川沿いのケヤキ(ニレ科)に、花が咲いていました。枝先一杯に無数の花を付けて、中でも雄花は黄金の葯が陽を浴びて、川面の漣と呼応する様に煌いていました。本州、四国、九州の他、朝鮮、中国の山地~平地に生育する、高さ20-25mの落葉高木です。樹皮は、若木では灰白色で平滑ですが、成長するにつれ鱗片状に剥がれます。長さ3-7cmの葉は互生し、両面無毛で屈曲する鋸歯があり、基部は浅い心形~円形で先端は尾状に尖ります。雌雄同株・異花で、4-5月頃、葉の展開と同時に小花を咲かせ、本年枝の下部葉腋に雄花が、上部葉腋に雌花が、夫々数個ずつ集まって付きます。共に淡黄緑色で、雄花からは4-6個の雄蕊が外に出て目立ちます。長さ5㎝程の果実は不定形で、秋に黒熟します。青葉山では、所々に大木も見られます・・・
ケヤキの花 山桜の道
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ユウシュンラン(祐舜蘭) | メイン | ルリソウ(瑠璃草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3095-932b75bd

| メイン |
ゆきかえる