FC2ブログ
>
トモエソウ(巴草)
2007/07/14(Sat)
夜中に降っていた雨は止みましたが、きょうも一日曇って、晩には又霧雨が落ちて来ました。
森の湿地に、トモエソウ(オトギリソウ科)が咲いていました。名の通りの、巴形に捩れた花弁をプロペラにして、今にも空高く舞い上がりそうな感じでした。一つの花は一日で萎れてしまいますが、次々に大きな黄花が開くので見応えがあります。そんな訳で盗掘される事も多く、西日本の多くの県では絶滅危惧種に指定されています。青葉山でもそんな事にならない様、 大切に見守って行きたいものです・・・
巴草 きょうの青葉山と広瀬川(北堰より)

スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クマノミズキ(熊野水木)の花 | メイン | ニホンアマガエル(日本雨蛙)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/31-deff1f35

| メイン |
ゆきかえる