>
スイカズラ(忍冬)
2015/05/29(Fri)
 きょうは、晴れ時々曇りでした(16.8~24.4℃//0.15μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
  川岸のスイカズラ(スイカズラ科)に、花が咲き初めていました。知らぬ間にあっちにもこっちにも、金銀の花が芳香を散らしながら群れていました。日本全土の他、東アジア一帯の、山野や林縁等に生育する木本性常緑蔓植物です。枝には粗毛が密生。葉は対生し長さ3-7cm、幅1-3cmの長楕円形の全縁で、先端は余り尖らず、基部は切形又は広楔形。表面は毛が少なく、裏面は多毛。苞は葉状で長さ5-20mm、小苞は長さ1.2-2mm。5-7月、枝先の葉腋に2個ずつ花を付け、初め白くやや淡紅色を帯び、後に黄変。9-12月、径5-6mmの球形の液果を黒熟します。青葉山では、林縁等に普通に見られます・・・
スイカズラ 夕べの赤人
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミヤマヨメナ(深山嫁菜) | メイン | カキツバタ(杜若・燕子花)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3126-8722a8f7

| メイン |
ゆきかえる