FC2ブログ
>
ヒメカンスゲ(姫寒菅)
2008/03/24(Mon)
きょうは、雨が降ったり止んだりの一日でした。
 森の道端のあちこちで、今年もヒメカンスゲ(カヤツリグサ科)が咲き出していました。小さな黄白色の雄花はふさふさしていて、森の妖精達が春を呼ぶ「魔法の刷毛」の様です。この雄花(穂)の下には、白い糸屑の様な雌花も見えています。北海道~九州や朝鮮南部の赤松や小楢林等に普通に生育する常緑の多年草です。似た種類が多いのですが、他のスゲ類iに先駆けて咲き、葉が細く、苞の鞘に赤っぽい所があるのが特徴です。名は、小さく可愛いカンスゲ(冬、寒い時季にも葉をつける菅)の意の様ですね・・・
ヒメカンスゲ
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イワウチワ(岩団扇)咲き出す | メイン | テングチョウ(天狗蝶)飛ぶ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/314-67cafd43

| メイン |
ゆきかえる