>
アクシバ(灰汁柴)
2015/06/29(Mon)
  きょうは、大体晴れました(12.7~23.8℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
  道沿いに、アクシバ(ツツジ科)の花が咲いていました。葉影の小花は気付くのも大変ですが、屈んで見れば、紅を差したおちょぼ口やカールしたピンクヘアがめんこいばかりでした。北海道~九州の山野の林下に生育する、高さ20-50cmの落葉小低木です。葉は互生し、卵形~卵状楕円形。表面は緑色で葉脈上に毛があり、裏面は粉白緑色で無毛。縁に細かい鋸歯があり、先は鋭く尖ります。7月頃、葉腋に淡紅色の花が1個ずつ垂れ下がって付きます。花冠は深く4裂して反り返ります。8-10月に、径7-8mmの球形の液果が赤く熟します。名の由来は、枝が緑色の柴(雑木)であることから青木柴と呼ばれていたものが転訛したとか、燃やした灰で灰汁を作り、灰汁抜きに用いた事に因るとか、諸説ある様です。青葉山では、日当たりの良い尾根や林縁等の所々に見られます・・・
アクシバ 青葉山と太白山と蔵王(雪が少し見えている)
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナガゴマフカミキリ(長胡麻斑髪切・天牛) | メイン | ヒカゲノカズラ (日影の蔓、日陰の蔓) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3158-5487b9ab

| メイン |
ゆきかえる