FC2ブログ
>
タチツボスミレ(立坪菫)
2008/03/26(Wed)
 きょうは、雨が降ったり止んだりでした(5.1~9.4℃)。
 道端で、タチツボスミレ(スミレ科)が咲き出していました。一輪だけでしたが、雨に濡れた瑞々しい菫色が素敵でした。北海道~沖縄の他、朝鮮南部等の山野に広く分布する多年草です。日本では一般に最も普通に見られる菫で、青葉山でもナガハシスミレと共に数多く生育しています。花の後ろに突き出ているのが距で、蜜の貯蔵庫になっています。葉柄の基部に櫛の歯状に裂けた托葉があり、葉が心臓形で、茎のあるのが特徴です。名は、壺(=庭)に生え、茎が立っている菫の意味です・・・
 タチツボスミレ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キブシ(木五倍子) | メイン | イワウチワ(岩団扇)咲き出す>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/316-3f0ab6e1

| メイン |
ゆきかえる