FC2ブログ
>
キブシ(木五倍子)
2008/03/27(Thu)
 きょうは、良く晴れました。
 森のあちこちで、キブシ(キブシ科)が咲き出していました。枝から垂れる花房が揺れて、シャリンシャリンと、春の鈴音が聞える様でした。北海道~九州の山地の明るい場所に生える落葉低木です。先駆植物的で、荒地にも良く見られます。雌雄異株で一見同じ様に見えますが、雌花は子房が大きくて花弁は緑っぽく 、雄花は雄蕊が目立って花弁は淡黄色です(写真は雄花)。名は、果実を五倍子( フシ=お歯黒に用いる黒染料)の代用とした事に因ります。又、関東等では、藤に似るのでキフジ(黄藤)とも呼ばれている様ですね・・・
 広瀬川の岸辺近くでは、ネコヤナギの雄花が赤い葯をいっぱい付けていましたよ…
キブシ ネコヤナギの雄花
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コナラ(小楢)の発芽 | メイン | タチツボスミレ(立坪菫)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/317-b2eb9258

| メイン |
ゆきかえる