>
七月観(視)察会
2015/07/12(Sun)
  きょうは、良く晴れた上に暑ーい観察会になりました(19.9~32.5℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
  NPO法人化と新しい拠点決定のお知らせや、林内管理と当会の立場、チラシやコースの説明等があった後ゆっくりと出発です。ニイニイゼミの蝉時雨の下、たわわに実る栃の実やマツバボタン等見ながら進みます。ネムノキ、ホタルブクロ、大きなキノコ達等観察しながら森に入ります。きょうは残念ながら、自生地を巡るコースは取れませんでしたが、エゾアジサイを初め、ガクアジサイやアジサイ等植栽されたものを観察、その不思議な造りを見比べました。森に入ると、5℃位は違うかと思う程涼しげでしたが、歩けばやはり汗が出ます。季節は早真夏の趣でしたが、オカトラノオやバイカツツジ、リョウブ等の白い花々が目立ち、中でも大きく匂い立つヤマユリが、遠くまで香りを漂わせていました。又、あちこちにニガイチゴやカクミノスノキ等の赤い実もあって、味を確かめたりしました。樹液の木には、何故か、ムネアカオオアリやヒカゲチョウにキマワリ、シロオビチビカミキリ位しか居らず拍子抜けでしたが、他の場所では、子供達のお蔭もあり、アオハナムグリ、オオヒラタシデムシ、メスグロヒョウモン、オレンジ色のヒョウモンチョウの仲間、ミヤマカラスアゲハ、コキマダラセセリ等多くの虫達に出会えました。終わりがけに出会ったオニノヤガラは、活き活きとして、真夏の森に力強く、且爽やかに佇んでいました・・・
林内は涼しいけれど、日射しは! 森の山百合 します暑いので途中で休憩です します暑いので途中で休憩です
  花では他にミヤマタムラソウ、ハエドクソウ、キツネノボタン、ウマノミツバ、オオバジャノヒゲ、ヒメジョオン、ヒヨドリバナ、オオハンゴンソウ、ヤブカンゾウ、マムシグサ等が見られました。果実では他に、ヒメコウゾ、マイヅルソウ、ツノハシバミ、ツクバネ、ツリバナ、エゴノキ、モミジイチゴ、オオバクロモジ等が生っていました。キノコでは、カワリハツ、ドクベニタケ、ハナビラニカワタケ、イッポンシメジ、シロヒメカヤタケ、ヒメカバイロタケ、ホコリタケ、ヒトクチタケ等が見られ、各所で粘菌の変形体も見られました。野鳥は蝉時雨に掻き消されて、声も余り聞えず、昨日確認し期待したオオルリも見られませんでしたが、セグロセキレイ、メジロ、エナガ、ヒガラ、シジュウカラ、ホトトギス、キビタキ、ヒヨドリ、トビ等が確認されました。動物では、小さなヤマアカガエル、ナメクジ等に出会った他、あちこちにその様子が分るニホンリスの食痕やテンの糞があり、心和ませました。昆虫では、ミスジチョウ、イチモンジカメノコハムシ、トラマルハナバチ、ミカドフキバッタ、タケカレハ等カレハカの幼虫に出会いました。きょうは、急な猛暑の中の会となり、予定より少し短縮して、帰りには私達の新拠点となった大学の、冷蔵庫やベッドまである豪華!?な一室を見学し、今後の活動に夢膨らせました。さて、皆さんには、どんな出会いがあったでしょうか・・・? 
ヤッホー―(^^♪ オカトラノオの道 オニノヤガラ 暑くて、ウザネハギました・・・
  来月(8/9)は会としてはお休みですが、有志で歩きます。蝉時雨の下、クルマユリやヤマジノホトトギス、クサギ等の花々、様々な昆虫達等に出会えることでしょう・・・?
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<メスグロヒョウモン(雌黒豹紋)の雌 | メイン | ホタルブクロ(蛍袋) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3173-b7caa431

| メイン |
ゆきかえる