>
クルマユリ(車百合)
2015/07/22(Wed)
   きょうは、晴れてとても暑くなり、夜には雷雨もありました(23.5~33.1℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。 
   林床に、クルマユリ(ユリ科)が咲いていました。この猛暑の下、今年は既に大分散っていましたが、中にはめらめらと、真紅の炎を燃やしている花もありました。北海道~近畿以北と四国の他、中国、朝鮮、サハリン等の主に高山~亜高山の草原等に生育する、高さ30-80cmの多年草です。葉が茎の中央部で6-15枚輪生するのが特徴で、その上部にも3-4枚疎生します。7-8月、茎先に朱色で濃紅色の斑点がある径5-6cmの花を2-3輪下向きに咲かせます。高山植物ともされますが、青葉山にも自生。しかし、各工事や林床破壊、盗掘等に因り、近年急激に減少しています・・・
クルマユリ 森もそう涼しくありません
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉) | メイン | アメリカザリガニ(亜米利加蝲蛄・蜊蛄・躄蟹)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3182-c0fba16d

| メイン |
ゆきかえる