>
ヤブツルアズキ(藪蔓小豆) 
2015/09/03(Thu)
   きょうは、晴れ後曇りりでした(20.2~26.6℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南東風)。
   草原に、ヤブツルアズキ(マメ科)が咲いていました。黄色い面顔があっち向いたりこっち向いたり、背伸びする様に覗いていました。本州~九州の他、朝鮮、中国等の、山野の草地に生育する蔓性の多年草です。葉は3出複葉で、小葉は先端が尖る狭卵~卵形で、浅く3裂するものもあります。8‐10月頃に、黄色い蝶形花を咲かせます。豆果は長さ4-9cmの線形で、毛がなく、当種を改良したものが「アズキ」だと言われています。青葉山では、道端の藪等に良く絡まっています・・・
ヤブツルアズキ 東北方面
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草) | メイン | タマゴタケ(卵茸) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3226-5d8b2589

| メイン |
ゆきかえる