FC2ブログ
>
ナガハシスミレ(長嘴菫)
2008/04/04(Fri)
きょうは良く晴れて、気温も上がりました。
 道端のあちらこちらに、ナガハシスミレ(スミレ科)が咲いていました。燃え立つ様なカタクリに囲まれて、少々「いずそう」にも見えますが、青空を映した様な佇まいは、明るくて清々しい美しさでした。北海道~本州の主に日本海側の山地の他、国外では北アメリカ東部にのみ生育する有茎性多年草です。沿日本海型である上に、分布は全国的にも稀ですが、太平洋側である青葉山では最も普通に見られる菫です。タチツボスミレに良く似ていますが、距が長いので区別できます。名も別名(天狗菫)も、長い距に由来する様ですね・・・
 青葉山でも場所によって大分違うのですが、三居沢の直ぐ上辺りのカタクリは、ほぼ満開状態でしたよ・・・
ナガハシスミレとカタクリ 満開のカタクリ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カキドオシ(垣通し) | メイン | ヤマナラシ(山鳴らし)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/325-3398744f

| メイン |
ゆきかえる