>
ウド(独活)の果実と花
2015/09/29(Tue)
   きょうはほぼ晴れて、風の強い一日でしたした(16.4~22.5℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00西北西風)。
   道沿いのウド(ウコギ科)に、実が生っていました。良く見ると、黒々とした粒々の間に緑や薄紅の実も、線香花火の様な花も残っていました。朝鮮、中国等東アジアに広く分布し、日本では全国の山野に生育する、高さ約2-3mの多年草です。全体に毛が多く、葉は互生して長柄があり、2回羽状複葉で小葉は5-7枚付きます。8-9月、茎上部や葉腋から淡緑色の小花を集めた総状花序を伸ばします。秋に、中に3-5個の胡麻状の種子を持つ、径3mm程の黒い液果を熟します。香りが強く山菜として好まれ、若葉、蕾、芽、茎が食用とされます。青葉山では、崩壊地等に普通に見られます・・・
ウド カツラ
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<センブリ(千振)の花 | メイン | オトコエシ(男郎花) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3252-32ff798b

| メイン |
ゆきかえる