FC2ブログ
>
マキノスミレ(牧野菫) 
2008/04/06(Sun)
  きょうも良く晴れて、暖かくなりました。
 明るい森の落葉の中に、マキノスミレ(スミレ科)が咲いていました。 小振りながら、何処となく薔薇を想わせる色や雰囲気は、とても鮮烈な印象です。中部地方より北の、山林内に生える無茎性の多年草で、西日本に分布するシハイスミレの変種と言われます。小さい赤紫色の花と、直立する葉の裏や柄が紫なのが特徴です。和名も学名も、植物学者の牧野富太郎氏を記念して付けられた様ですね・・・
  満開のカタクリの森を歩いていたら、花の中からキツネが跳び上がって逃げて行きました。写真は撮れませんでしたが、カタクリに見惚れながら、お昼寝でもしていたのでしょうか?  崖のイワウチワも、早くも満開になって来ましたよ…
マキノスミレ イワウチワ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キランソウ(金瘡小草・金襴草) | メイン | カキドオシ(垣通し)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/327-c80ffe26

| メイン |
ゆきかえる