>
サンカクヅル(三角蔓)の紅葉
2015/10/19(Mon)
  きょうは、曇り一時小雨が降りました(13.2~19.9℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00 PKC107 RD1503、南東風)。
 道沿いの藪に絡まるサンカクヅル(ブドウ科)が、紅葉していました。未だ小さな蔓で、実は生っていませんでしたが、何よりも鮮やかな深緋の葉が目に染みる様でした。北海道(渡島)~沖縄の他、朝鮮、中国等の山地~丘陵の林縁に生育する落葉蔓性木本です。雌雄異株。巻髭で他の木に絡み付き、葉は互生します。長さ4‐9cm、幅3‐8cmの葉身は三角又は卵状三角形で質は薄く、縁には低い牙歯状の鋸歯があります。5‐6月、葉と対生して長さ4‐9cmの円錐花序を出し、淡黄色の小花を多数付けます。10-11月に径約7cmの液果を黒熟します。青葉山では、林縁等に近縁のヤマブドウやエビヅルと共に見られます・・・
サンカクヅルの紅葉 畑への道
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマカシュウ(山何首烏)の果実 | メイン | オナガ(尾長)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3272-fc16c154

| メイン |
ゆきかえる