FC2ブログ
>
チョウジザクラ(丁字桜)  
2008/04/08(Tue)
 きょうは曇って、午前中は一時雨が降りました。
 三居沢の上り口等あちこちで、チョウジザクラ(バラ科)が咲き出していました。小さくて地味ですが、可憐な花弁は紛れもなく桜そのものです。榴岡(気象台)の染井吉野は4月5日に開花した様ですが、青葉山で一番早く咲くこの桜は、味わい深く野趣に溢れています。本州の岩手~広島と熊本の山地に分布する落葉小高木です。名は、横から見ると、花弁と細長い萼筒が「丁」の字に見える事に因ります。尚、中国原産のフジモドキも同名(チョウジザクラ)で呼ばれますが、ジンチョウゲ科の別種です…  ・・・  
 空にはイワツバメが飛び交い、尾根道には早くも、新葉を大きく開いたブナがありましたよ…
チョウジザクラ ブナの新葉 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオバクロモジ(大葉黒文字)の花 | メイン | キランソウ(金瘡小草・金襴草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/329-2312523b

| メイン |
ゆきかえる