>
イイギリ(飯桐)の果実
2015/11/11(Wed)
   きょうは、晴れ時々曇りました(8.4~15.7℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北北東風)。
   林縁のイイギリ(ヤナギ科)に、実が生っていました。葉をすっかり落とした後の、たわわに下がる房も見事ですが、黄白の大きな葉を背にした真赤な房も、味わい深く見事なものです。本州~沖縄の他、朝鮮、中国等の山地の谷筋等に生育する、高さ15-20mの落葉高木です。雌雄異株。幅広い葉は互生して枝先に束性し、葉柄は長く、先の方に1対の蜜腺があります。4-5月頃、雄花も雌花も同様の黄緑色の円錐花序を出して下垂します。花弁はなく、萼片は5枚程ですが一定せず、雄花には多数の雄蕊があり、雌花にも退化した雄蕊があります。10-11月頃、径1cm程の丸い果実が赤く熟します。青葉山では、各所に高木が見られます・・
イイギリ 日没の黒紅葉
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマカガシ(山楝蛇) | メイン | タカノツメ.(鷹ノ爪)の黄葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3297-ab8e5a62

| メイン |
ゆきかえる