>
ニホンアカガエル(日本赤蛙)
2015/11/14(Sat)
   きょうは、ほぼ一日雨降りました(8.9~14.0℃//0.15μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、南風)。   
   草叢に、ニホンアカガエル(アカガエル科)がいました。大分寒くなって来て、そろそろ冬籠りの頃とてか、寝惚けた目をして、ぼんやりしていました。本州~九州の丘陵~平地の湿地、水田の周辺、水場のある森林等に生息する、体長は35-67mmの蛙です。体色は黒褐~赤茶色。普段は単独で生活し、草叢等の地上で昆虫やクモ類を捕食します。冬眠しますが、暖時は真冬でも活動する事があります。産卵期が早く、冬季に繁殖に出た個体は産卵終了後再び休眠します。山地に多いヤマアカガエルに似ていますが、目の後ろの背側線が真直ぐなのが特徴です。生息環境の悪化により激減し、県レッドリストでは準絶滅危惧(NT)に指定されています。青葉山では、池沼、湿地等水場のある森の内外に見られます・・・
ニホンアカガエル 黄金の森
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノハラアザミ(野原薊) | メイン | オオモミジ(大紅葉)の紅葉 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3301-358dcb77

| メイン |
ゆきかえる