FC2ブログ
>
ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)の花
2008/04/11(Fri)
 きょうも雨でしたが、晩方に上がりました。
 小楢の森で、ミヤマウグイスカグラ(スイカズラ科)が咲き出していました。冷たい雨粒を体中に一杯付けて、まるでクリスタルのビーズ細工の様でした。本州~九州の、主に日本海側の山野に生育する落葉低木ですが、青葉山でも普通に見られます。ウグイスカグラの仲間は、花に腺毛のあるこのミヤマウグイスカグラの他、花や葉が無毛のウグイスカグラ、有毛のヤマウグイスカグラ等に分けられていますが、、これら3種間には中間的形態を持つものも多く、厳密な区別が困難な為に、纏めて一つの種の「ウグイスカグラ」と見做す見方もある様ですね・・・
ミヤマウグイスカグラ 雨のイワウチワ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒメフタバラン(姫双葉蘭) | メイン | スミレサイシン(菫細辛)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/332-2937bca6

| メイン |
ゆきかえる