>
イヌブナ(犬椈、犬山毛欅、犬橅)の黄葉
2015/12/03(Thu)
  きょうは、曇り時々小雨後晴れました(7.4~13.7℃、西風)。
  道沿いのイヌブナ(ブナ科)が、黄葉していました。多くの木々が落葉した中で、琥珀色の衣装を纏った立木達が、北風にさわさわと泣いていました。本州岩手以南~九州熊本以北の山地に生育する、高さ25m程になる落葉高木です。日本海側に少なく太平洋側に多く、主にブナより低山に分布します。樹皮は暗灰褐色で、疣状の皮目が多く、葉は互生し、卵状楕円~長楕円形で、質はやや薄く、裏面には白く長い絹毛があり、波状鋸歯があります。側脈は10-14対でブナ(7~11対)より多。雌雄同株。4-5月に、雄花は新枝の下部に頭状花序を垂れ下げ、雌花は新枝の上部に付きのす。 堅果は3陵ある円錐形で、1つの実に2個ずつ付きます。青葉山では、ブナやミズナラ、モミ等と共に極相林を形成しています・・・
イヌブナの黄葉 雨後晴れ
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キチジョウソウ(吉祥草)の果実 | メイン | カワガラス(河烏) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3320-1b3d1013

| メイン |
ゆきかえる