>
キチジョウソウ(吉祥草)の果実
2015/12/04(Fri)
  きょうは、一日雨が降ったり止んだりでした(3.9~8.0℃、西南西風)。
   道端のキチジョウソウ(スズラン科)に、実が生っていました。藪影の所々から、濃紅の宝玉が顔を現し、霊瑞の煌きを放っていました。東北南部~九州の他、中国等の山地~平地の林内に生育する常緑の多年草です。長さ10-30cmの葉は広線形で根生し、地下茎が長く伸びて広がります。10-11月、高さ8-12cmの花茎を葉間から出し、径1cm程の淡紅紫色の花を穂状に密に付けます。液果は冬に赤く熟します。当地付近が北限自生地となっていて、県レッドリストで要注目種に指定されています。青葉山では、何ヶ所かに群生地があり、毎年花が見られます・・・
キチジョウソウ 曇天
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ジョウビタキ(尉鶲・常鶲)♂ | メイン | イヌブナ(犬椈、犬山毛欅、犬橅)の黄葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3321-718dbfea

| メイン |
ゆきかえる