>
ハイゴケ(這い苔)
2015/12/26(Sat)
   きょうは、晴れ後雨になりました(-0.5~8.4℃/南西風)。
   道端の切株に、ハイゴケ(ハイゴケ科)が生えていました。暖冬とは言え、ハッとする程の鮮緑で、巷での人気の程も分る様でした。シベリア、東〜東南アジア、ハワイなど幅広く分布し、日本では北海道~沖縄の日当たりの良い道端や岩上、土手、山地、樹幹の下部等に黄緑色の平らな群落を形成する、比較的身近に見られる大型の蘚類です。長さは10㎝程になり、大体規則的に羽状に枝を伸ばし、茎葉上部は鎌形で、基部は心臓形。蒴は3-5㎝で湾曲し、水平に付き、葉の基部に翼細胞が発達する等の特徴があります。雌雄異株。名は、匍匐する性質に由来。園芸用に広く流通し、苔庭、苔盆栽、苔玉、テラリウム等に使用され、「山苔」の商品名で乾燥させ着色したものも装飾用途で流通しています。青葉山では、あちこち普通に見られます…
ハイゴケ 大東
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<センボンクヌギタケ(千本櫟茸) | メイン | ハシボソガラス(嘴細烏)の胡桃割り>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3343-6fd06f3a

| メイン |
ゆきかえる