>
コゲラ(小啄木鳥)
2016/01/16(Sat)
    きょうは雪後晴れて、一時数㎝積もりました(-2.7~3.9℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、北風)。
   柳の大木に、コゲラ(キツツキ科)がいました。コンコンコンコン音がするので、見上げると木ではなく、ぶら下がる藤の大きな莢を、夢中で突いているのでした。中に小虫でもいるのでしょうか? ロシア南東部、サハリン、朝鮮北部、中国東北部等に分布し、日本では全国の山地~平地の各種林地の他、木々のある都市公園等にも生息します。ほぼ留鳥ですが、寒地のものは冬に暖地へ移動する事もあります。灰褐色と白の斑模様の羽色で、雄は後頭部に赤い小斑があります。全長15cm程の日本最小の啄木鳥で、昆虫の他、木の実も食べ花蜜も吸います。青葉山では、何所でも普通に見られます・・・
コゲラ 笹薮のある小道
 


スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツクバネ(衝羽根) | メイン | ハシビロガモ(嘴広鴨)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3367-9173a8df

| メイン |
ゆきかえる