>
ツクバネ(衝羽根)
2016/01/17(Sun)
   きょうは、曇り時々晴れました(-3.4~5.3℃//0.16μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μSv/h屋内21:00、西北西風)。
   道沿いのツクバネ(ビャクダン科)に、果実が生っていました。数少なくなった、名通りの「衝羽根」が、怯える様に震えていました。本州~九州北部の、山地の樹林下に生育する雌雄異株で高さ1-2mの落葉低木です。半寄生植物で、根は主に杉や檜、樅等の針葉樹に寄生して養分を摂取する他、自身も光合成して養分を作ります。葉は長さ3-10cmの卵~長卵形で、先は長く尖ります。5~6月に淡緑色の小花を咲かせ、雄花は径4mm程で散房状に付き、花弁はなく、萼片と雄蕊は4個。雌花は枝先に1個のみ付き、子房先端に細長い葉状の苞が4個あります。果実は長さ7-10mmの卵円形で、その先端には花後に大きくなった苞が残ります。青葉山では、檜林下等各所に自生していますが、先日の「藪刈り」と称する大自然破壊では、微妙な生態系に生きる多くの木々が失われました・・・
ツクバネ 凍てつく川
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<カジカエデ(梶楓)の果実 | メイン | コゲラ(小啄木鳥)>>
コメント
- オオタカー今日が申し込み締め切り -
 ある方が、「(仙台会場)オオタカの国内希少野生動植物種の指定解除に関する意見交換会の参加申し込みが今日の午後5時であることを、お知らせくださいました。環境省のホームページに、昨年12月22日付で書かれています。申し込みメールアドレス:otaka_symposium@omc.co.jpです。電話は、株式会社オーエムシー、03-5362-0117です。

2016/01/18 12:08  | URL | akane #SNSZ3Mro[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3368-7ce64041

| メイン |
ゆきかえる