>
カジカエデ(梶楓)の果実
2016/01/18(Mon)
  きょうは一日中雪や霙が降り続き、青葉山では20㎝位積りました(-1.2~3.7℃/北西風)。
  道沿いのカジカエデ(ムクロジ科)に、果実が残っていました。こんもり雪を被って、大きな蝋梅の様にも見えました。本州~九州の、主に太平洋側の山地の樹林内に生育する、高さ20m程の落葉小高木です。葉は対生し、葉柄は4-11cm、葉身は長さ7-15㎝で掌状に5中裂し、荒い鋸歯があります。雌雄異株で、4-5月に枝先に花を付け、雄花は5-11花からなる紅紫色の散形総状花序を下垂し、雌花は3-9花からなる黄緑色の総状花序を上向きに付けます。夏に熟す果実は翼果で、2つが鋭角に付き、黄褐色の長剛毛があり、分果の長さは2.5-3㎝です。宮城県が北限になり、青葉山では林縁等に散見されます・・・
カジカエデの翼果 雪に煙る青葉山
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ルリビタキ(瑠璃鶲) | メイン | ツクバネ(衝羽根)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3369-c463ce75

| メイン |
ゆきかえる