>
カルガモ(軽鴨)
2016/01/26(Tue)
  きょうは、晴れ時々曇りました(-2.7~7.1℃//0.17μSv/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.11μSv/h屋内21:00、東南東風)    
川沿いの道に、カルガモ(カモ科)がいました。雪の消えた草地を狙い上って来た様で、川岸とは言っても大分内陸で、下流域では普通なのでしょうが、この辺りではちょっと不思議な光景でした。アジア東部~東南部に広く分布し、日本では本州以南の山地~平野の水辺に広く生息する留鳥で、北海道では夏鳥です。体長60cm程。全身茶褐色で、顔は白っぽく2本の黒線があり、翼鏡は青く光沢があります。嘴は黒くて先が黄色く、脚は燈黄色です。雑食性ですが、草、種子等が主食です。青葉山周辺では、川沿いや池沼等で一年中最も普通に見られるカモです・・・
カルガモ 淵
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カシラダカ(頭高) | メイン | ニホンリス(日本栗鼠) の足跡>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3378-2654252e

| メイン |
ゆきかえる