>
シジュウカラ(四十雀)
2016/02/06(Sat)
   今朝は湿った雪が降りましたが、日中は曇り時々晴れました(0.2~4.3℃//0.16μ㏜/h八幡1屋外土面上高さ1m・0.10μ㏜/h屋内21:00、北北西風)。
  シジュウカラ(シジュウカラ科)が、鳴いていました。雪も上がって、少し暖かい所為か、早くも木の梢で、ツピーツピーと囀っていていました。ユーラシア大陸に広く分布し、日本では全国の産地~平地の森や、樹木のある市街地にも生息・繁殖する留鳥です。全長15cm 程。食性は昆虫やクモ等の主として動物食ですが、植物の種子や果実、花蜜、時に花弁も食べます。冬は他のカラ類と混群を作り、他のカラ類と比べて、樹林内の下層や地表等でも採食します。首~腹のネクタイ状の黒い模様が特徴で、雌雄の識別にも使われます(♂が♀より太い)。青葉山では、極普通に見られます・・・
シジュウカラ 坂の上の雲
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ブナ(椈、山毛欅、橅、桕)の果実 | メイン | オナガガモ(尾長鴨) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3389-2dfaca95

| メイン |
ゆきかえる