>
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)
2016/02/19(Fri)
  きょうは、曇り後晴れました(0.0~12.3℃/西南西風)。
  シャドウ沿いの道端に、オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)が咲いていました。暖かな光を浴びて、空色の瞳を一層大きく瞬かせていました。ヨーロッパ原産の帰化植物で、全国の路傍等日当たりの良い場所に生育する、草丈10-20cmの越年草です。茎は良く分枝し、地面を這うように広がります。葉は対生し、1-2cmの卵円形で粗い鋸歯があります。2-5月、葉腋から花柄を出し、コバルト色で径8-10mmの花を咲かせます。左右対称の花弁は4裂して基部で合着し、1日で落ちてしまいます。雄蘂は2本。蒴果は、2つの玉を付けた形で多毛。青葉山周辺では、道端等に普通に見られます・・・
オオイヌノフグリ 柳の滴
オオイヌノフグリ 雪は一気になくなりました
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<バッケ(蕗の薹) | メイン | ノスリ(鵟)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3402-5c5f7657

| メイン |
ゆきかえる