>
カワアイサ(川秋沙)の雄
2016/02/21(Sun)
   きょうは晴れ後曇って、小雨が降りました(4.4~11.4℃/西北西風)。
   橋の下に、カワアイサ(カモ科)の雄がいました。潜水して魚を捕っていましたが、珍しく真上から見るので、猫っぽい毛並みや、朱く水掻きのある足が。めんこく見えました。ユーラシアや北米に広く分布し、日本では全国に冬鳥として渡来する、全長58-72cm、翼開長86-102cmの潜水性のカモです。主に河川・湖沼等の淡水域に棲み、水中で魚を捕食します。雄の頭は緑黒色で、胸や腹等は白く、背中は黒。嘴は長く、濃赤色で先端が鉤状に曲がり、虹彩は黒褐色。雌の頭部は茶色で、体の下面は灰色。青葉山周辺では、秋~春に数多く普通に見られます・・・
カワアイサ♂ 遂に今年は、滑らないうちに溶けてしまった
スポンサーサイト
この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ネコヤナギ(猫柳) | メイン | バッケ(蕗の薹) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3404-2a4ada98

| メイン |
ゆきかえる