>
シュンラン(春蘭)の花芽
2016/02/23(Tue)
    きょうは、晴れ時々曇りました(0.1~10.0℃/南東風)。
   道端に、シュンラン(ラン科)がありました。小さくはありますが、春の色と香の花芽が、柔らかに背伸びしていました。北海道~屋久島の、主に明るい落葉樹の林床に生育する、草丈10-25cmの常緑の多年草です。長さ20-35㎝で細鋸歯があってざらつく線形の葉を根元から叢生させ、その間から数個の膜質の鞘状鱗片に包まれる太い肉質の花茎を出します。3-4月、茎先に30-35mmの花を1個(稀に2個)付け、萼片3と側花弁2は緑~黄緑色を帯び、唇弁は大きく、白くて濃紅紫色の斑があります。6-7月に紡錘形の果実が結実します。開発や乱堀、生育環境の悪化等から各地で激減しています。青葉山では普通に見られますが、盗掘等により減少しつつあります・・・
シュンランの花芽 屏風岳
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<セリバオウレン(芹葉黄蓮/連)咲き出す | メイン | ネコヤナギ(猫柳) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3406-3457dee4

| メイン |
ゆきかえる