FC2ブログ
>
エイザンスミレ(叡山菫)
2008/04/20(Sun)
 きょうは、午前中は曇りでしたが、午後は久し振りに晴れ上がりました。
 滝壺の畔で、エイザンスミレ(スミレ科)が咲いていました。薄紅色の大きな花を春風(瀑風?)にそよがせて、淡い香りを漂わせています。 特徴的な、繊細に切れ込んだ葉も微かに震わせて、とても気持ちが良さそうでした。本州~九州の、主に太平洋側の山地に生育する、無茎性の多年草です。名は、比叡山に生えていた菫の意ですが、特別多く自生している訳でもなく、名前の付けられ方って不思議ですよね・・・ 
 エイザンスミレ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<カラスノエンドウ(烏野豌豆) | メイン | ナツトウダイ(夏燈台・夏灯台)  >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/341-e046a03a

| メイン |
ゆきかえる